login

「特定秘密保護法」

簡単にまとめると…

特定秘密保護法とは、国家機密情報(防衛・外交・スパイ活動防止・テロ活動防止のための情報)について秘匿が特に必要なものを官僚らが「特定秘密」とすることを認める法である。2013年に尖閣諸島で中国漁船と日本の海上保安庁の船が衝突した様子がYoutubeにアップロードされたことなどがキッカケとなったとされるが、諸外国の情報局と日本の国家安全保障会議(日本版NSC)が情報交換する上で秘密保全をする必要があったことが大きな背景である。秘密にするべきではない情報を秘密にしても検証する制度が曖昧なため、国民の知る権利や報道の自由が制限される恐れがある。

関連する法案の審議状況

該当する法案情報はありませんでした。


まだここに表示するリンク先はありません。

新しいリンクを提案するほかのリンクを見る

寄せられた意見

まだここに表示する意見はありません。下の投稿欄から、ぜひ最初の意見を投稿してください。
対
対
まだここに表示する意見はありません。下の投稿欄から、ぜひ最初の意見を投稿してください。

賛成でも反対でもない意見

まだここに表示する意見はありません。下の投稿欄から、ぜひ最初の意見を投稿してください。


Q:集団的自衛権について

意見を書く

意見の投稿はログインしていただくとできるようになります。

登録がまだの方はユーザー登録してから再度お試しください。