login

「生活保護」

簡単にまとめると…

  • デフレーションとは、市場などでの商品の物価が下落し続けることをさす。景気が悪いときに起きることが多いが、物価の下落の継続が労働者の賃金の減少や設備投資の縮小につながるため、デフレはさらにデフレを呼び起こす(=デフレ・スパイラル)。
  • デフレによって値段が下落することで庶民の生活は楽になる。また、国内の物価が国外にたいして高くなる減少は円高ともいわれ、海外からの輸入や海外旅行にはより行きやすくなる。
  • しかしながら、デフレの継続によって企業が収益を上げられなければ、好景気を呼び起こすことができず失業者の増大を招く。生活保護も膨らむことになる。そのため、政府支出によって市場の産品を消費することによってデフレを断ち切り、インフレにしようとする、いわゆる政府の財政出動が正当化されている。
  • 日本銀行は2015年現在、継続的に物価を毎年2%あげていく、インフレにすることを目標としている。

関連する法案の審議状況

>> さらに法案をチェックする

まだここに表示するリンク先はありません。

新しいリンクを提案するほかのリンクを見る

寄せられた意見

まだここに表示する意見はありません。下の投稿欄から、ぜひ最初の意見を投稿してください。
対
対
賛成度4
1(ネガティブ)←→5(ポジティブ)
投稿者:にゃかいも  投稿日:

最近は大きな病気にかからなくとも、ストレスなどを原因としたうつ病などにより就業が困難な人が増えています。働くことができないことにより生活ができなくなるので生活保護は必要なものだと思います。しかし、働きたいけれども病気や親の介護などを理由に働きたくても働けない人のためであるはずの生活保護が簡単に受給できてしまっている現状に対し大きく賛成とは言えず、受給の審査方法を変えるべきだと思います。

賛成度5
1(ネガティブ)←→5(ポジティブ)
投稿者:おくろ  投稿日:

たびたび、生活保護費の不正受給が報じられることがとても悲しい。世の中には本当に生活保護がなければ生きていけない人もいる中、嘘をつき、楽をしてお金を貰おうとする人がいるのは有ってはならないことだと思う。そんなことをすれば周りから信頼を失ってしまう。自分で自分の首を絞めるようなことだと気付いてほしい。でなければ、本当に生活に困ったとき、誰も助けてはくれないだろうと思う。

他の人の意見を見る

賛成でも反対でもない意見

生活保護を受けるべき家族には必要な制度であるのは間違いないと思う。その反面、仕事によっては働いて稼ぐお金と大差ない部分もあるところから生活保護を選ぶケースもあるので、制度を見直す必要があるのではないか。また、仕事についてやる気になるような社会の仕組みが必要なんだろうと思う。特に介護系の仕事の賃金は上げるべきであると思う。

コメント(0)

投稿者:ぱめらん  投稿日:2014-12-12


もっと意見をみる


Q:集団的自衛権について

意見を書く

意見の投稿はログインしていただくとできるようになります。

登録がまだの方はユーザー登録してから再度お試しください。