login

「中華人民共和国」

簡単にまとめると…

戦後70年談話とは、安倍晋三内閣(2015年8月当時)が第二次世界大戦終結から70年が経過した節目として公開した談話である。(憲法解釈による)集団的自衛権の行使容認問題もあり、周辺諸国侵略に対する「おわび」の表現を入れる方向で首相側は検討していたが、最終的には盛り込まれた。しかしながら部分的にキーワードとなるものが使用されたのみで内容としては一貫していない・不十分だとする意見も根強く、この談話をめぐり中華人民共和国、大韓民国の両国から、歓迎するとの言葉はなかった(配慮に感謝するとの言葉はあった)。

関連する法案の審議状況

>> さらに法案をチェックする

まだここに表示するリンク先はありません。

新しいリンクを提案するほかのリンクを見る

寄せられた意見

1(ネガティブ)←→5(ポジティブ)
投稿者:deruta1992  投稿日:2014-11-08
賛成度2

単純に最低賃金より低い労働をさせたいだけではないだろうか。

コメント(0)

他の人の意見を見る

対
対
まだここに表示する意見はありません。下の投稿欄から、ぜひ最初の意見を投稿してください。

賛成でも反対でもない意見

まだここに表示する意見はありません。下の投稿欄から、ぜひ最初の意見を投稿してください。


Q:集団的自衛権について

意見を書く

意見の投稿はログインしていただくとできるようになります。

登録がまだの方はユーザー登録してから再度お試しください。