login

「環太平洋戦略的経済連携協定」

簡単にまとめると…

  • 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定。
  • 2005年6月3日にシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4か国間で調印
  • 2006年5月28日に発効した。
  • 2011年現在、アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーが加盟交渉国として、原加盟国との拡大交渉会合に加わっている。9か国による拡大交渉は、2011年11月12日に大枠合意に至り、2012年内の最終妥結を目指している。

※日本の加盟の話が出ているが、メリットとデメリットは以下の通り。
メリット
海外へ安く商品等を出荷できる(自国の産業を守るための関税障壁がなくなるため)
デメリット
\r\n農業など、諸外国と比べてもそこまで発達していない分野で、海外産流入による産業衰退が見込まれる。

関連する法案の審議状況

該当する法案情報はありませんでした。


新しいリンクを提案するほかのリンクを見る

寄せられた意見

1(ネガティブ)←→5(ポジティブ)
投稿者:deruta1992  投稿日:2014-11-03
賛成度2

人々の職業の選択肢が狭まってしまいはしないだろうか。情報産業の人は別に問題がないかもしれないが、農林業の人にとっては地獄以外の何者でもない。まあ、産業構造変換のエンジン、ということならそれはそれでいいんだろうけど。

コメント(0)

他の人の意見を見る

対
対
賛成度4
1(ネガティブ)←→5(ポジティブ)
投稿者:deruta1992  投稿日:

確かに農業にとっては大変だと思う。しかしながら、ある程度理解のある消費者の数は日に日に増えているところで、多くは担い手不足で苦しんでいることからあえて農業ではなく情報産業に優位となるような施策を打ったとしても間違いではないのではないか、と思います。

他の人の意見を見る

賛成でも反対でもない意見

test

コメント(0)

投稿者:@yoeki_rumors  投稿日:2016-04-21


もっと意見をみる


Q:集団的自衛権について

意見を書く

意見の投稿はログインしていただくとできるようになります。

登録がまだの方はユーザー登録してから再度お試しください。